看護師 MOCOの日記 > ニュース > 3Dプリンターは21世紀の産業革命

3Dプリンターは21世紀の産業革命

今朝のNHK おはよう日本で、3Dプリンターを紹介してました。『21世紀の産業革命』ってなかなか凄いうたい文句ですね。

鈴木奈穂子キャスターの、精密なフィギュアまで作ってました(^_^;)

他にも、人工骨やシャンプーの節約グッズ、お風呂の排水の蓋など、、、「もう少し産業革命らしいモノを紹介してよ」と思ったのは私だけじゃないでしょう。

個人宅に3Dプリンターが今のプリンターの用に普及するって話じゃなくて、中小企業のモノ創りが、活発になるのはよく分かります。

非常に精密に、簡単に、欲しい造形のモノを作れる、、、夢のような時代ですね。一昔前のSF映画のようで、ワクワクしちゃいました。

関連タグ: 3Dプリンター

コメントの投稿

トラックバックURL: http://tugane.com/mt/mt-tb.cgi/49

3Dプリンターは21世紀の産業革命へ戻る