看護師 MOCOの日記 > スポーツ全般 > 新・ポスティング制度 田中投手の行方

新・ポスティング制度 田中投手の行方

楽天の田中投手が、メジャーに挑戦するか否かが注目されてます。そんな中、昨日 新・ポスティングシステムが日米で基本合意されましたね。

入札額に上限(2000万ドル)が設けられ、複数球団と交渉できるようになりそうです。そこで気になったのが、ダルビッシュ投手の入札額です。調べてみたら、5170万3411ドルだったそうです。日本円で約39億8100万円、、、。

田中投手の場合、1億ドルに達するなんて報道もあったので、上限2000万ドルでは球団側も出したくないですよね。ポスティングシステムを利用する場合、入札されたお金は、球団側に入るので、球団の理解が必要です。

日本一の投手で、勝ち星を確定的に読める投手を、海外に売るわけですから、高ければ高いほど良いと考えるのも当たり前です。2000万ドルはちょっと安過ぎる気がします。せめて、ダルビッシュの落札額に近い5000万ドルなら、球団側も渋々OKしたかもしれませんね。

1年の差、、、ダルビッシュが40億円で、田中マー君が20億、、、球団が納得できないのも分かります。どうなるか、近々決まるでしょうね。気になります。

関連タグ:

コメントの投稿

トラックバックURL: http://tugane.com/mt/mt-tb.cgi/177

新・ポスティング制度 田中投手の行方へ戻る