看護師 MOCOの日記 > 雑記 > 禁煙の辛さはやった者しかわからない

禁煙の辛さはやった者しかわからない

よく、「タバコなんていつでも止められる」って言う人がいますが、私は心の中で「本当に禁煙できるんだな!?」と、疑り深さ満開の表情を抑えながら、「そ~ですか~」って軽薄な返事をします。

禁煙はやったことのある人にしか、そのつらさは分かりません。

今、ライブで戦ってる人>>>禁煙ブログ 根性と意志で戦う記録

まだ禁煙初日だそうですが、もう辛さの片鱗を味わってるようです。

私の場合、7日目~14日目あたりが、とてつもなく辛かったです。タバコを吸いたい衝動は1日24時間常に付きまとうし、タバコを吸ってしまう夢まで見ます。ニコチン中毒が、薬物中毒と同じで依存性が非常に高いことを、身をもって体感しました。

14日目~21日目頃、ほんの少しずつ症状が収束しながら推移して、そのころには諦めと言うか、「もう二度とこんなつらい思いをしたくない」という頭で、タバコに手を伸ばせなくなります。もし吸ってしまったら「いつかまた、この苦しみを味合わなきゃいけない」と思うと、吸えませんでした。

まだたま~にタバコを吸ってしまう夢で起きる時があります。起きてるときに吸いたくなることは無いのに、深層心理ではまだニコチン依存から脱却してないんでしょうね。

何とか、頑張って21日~1か月辛抱してほしいと思います。すると、かなりいろいろ改善されますから。辛抱辛抱。

関連タグ:

コメントの投稿

トラックバックURL: http://tugane.com/mt/mt-tb.cgi/190

禁煙の辛さはやった者しかわからないへ戻る